鉄道 工事とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

鉄道工事とは?
鉄道工事は、鉄道の建設、改良、保守、修繕を行う工事の総称を指します。これには、新しい鉄道路線の建設から、既存の鉄道設備のアップグレードや維持管理まで、多岐にわたる工事が含まれます。

鉄道工事の主な種類:

新線建設: 新しい鉄道路線の敷設を伴う工事。トンネル掘削、橋梁の建設、地盤の補強など、多岐にわたる工程が必要です。

電化工事: 非電化の鉄道路線を電化する工事。架線の敷設や電力供給設備の設置などが行われます。

複線化工事: 既存の単線路線を複線にする工事。交通量の増加や安全性の向上を目的とします。

改良・改築工事: 既存の鉄道設備や路線のアップグレードや修繕を行う工事。駅のバリアフリー化やプラットホームの拡張などが該当します。

保守・メンテナンス: 鉄道の安全性や効率性を維持するための定期的な点検や修繕作業。

鉄道は、公共交通としての役割を果たすだけでなく、国や地域の経済発展にも貢献する重要なインフラです。したがって、鉄道工事は、その安全性や品質が求められるとともに、様々な技術や専門知識が必要とされる分野であります。