解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

解体業では新たに魅力的な仕事をもらうのに苦労しているケースがよくあります。案件獲得方法にはどんな方法があるのかを知りたいと思っている方も多いでしょう。この記事では解体業を行う会社が抱えている課題についておさらいをした上で、案件獲得の仕方をまとめました。どのようなアプローチが良いのかをぜひ検討してみてください。

解体業の案件獲得における課題

解体業では新規案件の獲得が大きな課題となっています。この詳細を細分化してみると以下のように多様な課題を抱えているのが通例です。

新規取引先が獲得の困難さ

解体業ではルート営業によって既存顧客から少しずつ案件を獲得できることはよくあります。しかし、新規取引先を獲得するのが困難で、事業拡大が難しいのが問題です。

案件の少なさによる売上の問題

新規取引先を獲得できないと案件が少なく、売上があまり上がらない問題が生じます。もっと売り上げを出して事業を育てていきたくても難しいという悩みを抱えがちです。

下請けの立ち位置から脱却できない苦悩

解体業では下請けの立ち位置に悩まされているケースがよくあります。孫請けになっていることも多く、厳しい条件で契約しなければならないのが問題点です。下請けから脱却して独立し、上流の案件を受注できる解体業を営めるようにするのは大きな課題です。

営業やマーケティングの人材不足

案件獲得んは営業やマーケティングが重要になります。しかし、解体業としての専門業務を遂行するためのスタッフの確保が限界で、営業やマーケティングの人材を潤沢に確保できないケースが多くなっています。案件数が少なくて下請けが多いと利益があまり上がらず、実働となる専門の従業員以外を雇うのが困難だからです。

解体業が新規案件を獲得するためのアプローチ

このように様々な課題を抱える解体業が魅力的な新規案件を獲得するにはどのようなアプローチがあるのでしょうか。以下に代表的な方法をまとめたので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

飛び込み営業

新規取引先の獲得方法として飛び込み営業はよく選ばれています。全くコンタクトがなかった企業にもテレアポなどを通してアプローチする機会を得ることが可能です。ただ、受注率は高くはないので認知度を高めるだけに留まることが多くなっています。コストパフォーマンスを上げるには営業担当者を成長させることが必要です。

チラシやDMによる勧誘

チラシを送付したり、DMを送ったりするのも新規案件を獲得する方法です。郵送やポスティングなどをして顧客候補に自社の強みをアピールできます。解体の業務を依頼したいと思っているときには内容を詳しく確認してくれて、魅力があれば問い合わせを受けられます。相手に合わせた内容のチラシを送ると興味を持ってくれる可能性が高くなるでしょう。メールを活用することもできるため、費用を抑えて集客を進めることも可能です。

広告による集客

広告によって集客する方法も新規取引先の獲得につながります。インターネットで情報を集めるのが主流になっているため、ウェブ広告が効果的なアプローチです。リスティング広告のように「解体」をキーワード検索した人をターゲットにできるのが魅力で、個人からも法人からも問い合わせを受けられる可能性があります。他にもディスプレイ広告で認知向上を目指して集客するなど、多様な戦略を取ることができるのが広告の特徴です。

解体業での新規顧客開拓のアプローチをよく考えよう

解体業で仕事をもらうためには継続的に新規取引先の開拓を進めていき、案件獲得に積極的に取り組むことが大切です。ここでは代表的な方法を紹介しましたが、1つに絞って取り組めば案件を安定して獲得できるというわけではありません。多様なアプローチを並行して進められる営業代行は営業やマーケティングの担当者を雇用せずに顧客開拓を進められるので、活用を検討してみましょう。

こんな記事も読まれてます

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ