建設業で営業代行を使うメリット・デメリットをご紹介

建設業で営業代行を使うメリット・デメリットをご紹介

営業代行を利用すれば成果が出て受注を増やせるのではないかと思う方もいるでしょう。建設業では営業による顧客獲得が重要な課題です。ただ、営業代行を利用したら本当に成果が出るのかが不安な方もいます。この記事では建設系の企業が営業代行の利用を検討するときに知っておくと役に立つメリットやデメリットを紹介します。

建設業で営業代行を使うメリット

建設業で営業代行を利用するとどのようなメリットを得られるのでしょうか。まずは営業代行を導入した場合に起こる変化に着目して魅力を確認していきましょう。

自社で営業部隊を抱える必要がなくなる

営業代行を利用すれば自社で営業担当者を雇用して成長させる必要がなくなるのがメリットです。建設業として技術面に特化して自社を成長させたいと考えるのはもっともなことでしょう。営業のノウハウを蓄積して優秀な営業部隊を育てていくのは大変です。営業代行を使えば営業の人材をほとんど抱える必要がなくなります。

複数の営業アプローチを並行運用できる

営業代行に依頼すると複数の営業アプローチを並行して活用してくれるのがメリットです。訪問営業やテレアポ、WEBマーケティングなどの様々なアプローチを駆使できるのは営業代行の特徴です。自社にマッチする営業の仕方をいくつか選定し、効果の上がりやすい方法から始めてくれます。

プロとしてのノウハウを活用できる

営業代行は営業に特化しているプロなので、独自のノウハウを使って合理的な方法で営業を進めてくれるのがメリットです。顧客候補へのアプローチの仕方や集客の戦略策定など、経験が豊富だからこそわかるノウハウがたくさんあります。効率が高いだけでなく、自社が希望するタイプのクライアントを獲得してくれる可能性が高いのが魅力です。

建設業で営業代行を使うデメリット

営業代行を利用するのに不安が募るのは、導入によるデメリットもあるからです。建設業で営業代行を使うとどのような問題が発生する可能性があるのでしょうか。

建設業に強いとは限らない

営業代行を依頼するときに不安になる理由として大きいのは成果につながらないリスクがあるからです。営業代行はプロなのは確かですが、建設業に強いとは限りません。業界事情に詳しくない営業代行に依頼してしまうと受注数が増えない問題が生じる可能性があります。営業代行業者は強みを持っている業界が限定されていることも多いので、利用の際には注意した方が良い観点です。

コミュニケーションの手間がかかる

営業代行を利用すると社外とのコミュニケーションの手間が発生するのがデメリットです。特にこだわりが強い営業代行では自社の求める方向性で営業をしてくれずに交渉を繰り返すことになる場合もあります。顧客目線でコミュニケーションを取ってくれる業者に出会えないと苦労することは否めません。相談しやすい営業代行業者を選び出すことが重要になります。”

こんな記事も読まれてます

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ