建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ

建設業では新規顧客を常に開拓し、新しい受注契約を達成するのが重要な課題です。ただ、集客方法について悩みがある企業も多いでしょう。新規顧客獲得につながる集客方法にはどのようなものがあるのでしょうか。古くからおこなわれているものから、近年のトレンドになっているものまで幅広くまとめたのでぜひ参考にしてください。

建設業で活用できる集客方法

建設業ではさまざまなアプローチで新規顧客開拓ができます。代表的な集客方法の概要とメリット、デメリットについてまとめたので、それぞれのアプローチについて確認していきましょう。

飛び込み営業

飛び込み営業はターゲットとなる企業に営業担当者を向かわせて自社サービスを売り込み、契約を勝ち取る集客方法です。古くからおこなわれているアプローチで、アポを取れれば強みを明確にアピールできるのがメリットです。しかし、成約率があまり高くないため、営業担当者を多数確保しなければならないのがデメリットです。

テレアポ

テレアポから営業へという集客アプローチも昔からよく選ばれています。候補になりそうな企業リストを手に入れて電話をかけていくと、興味を持ってくれる企業が見つかります。リスト購入が必要になる場合が多いですが、幅広くアプローチして新規顧客開拓ができるのがメリットです。ただ、電話を何度もかけると煩わしい企業だという印象を持たれてしまうリスクがあるのがデメリットです。

DM

チラシなどを郵送やFAX、メールによって送付するDMによる集客も効果が上がりやすい方法です。DMはチラシを使ってまとまった内容を相手に伝えられるのがメリットです。自社の強みをわかりやすくまとめて訴求すれば問い合わせを受けられる可能性が高まります。しかし、郵送やFAXはコストが肥大化するデメリットがあり、メールはコストがかからないものの迷惑メールとして処理されるリスクがあるのが問題点です。

ホームページでの宣伝

建設の発注先の候補を選ぶときにはインターネットで探すのが主流になっています。ホームページを開設して宣伝するのが集客方法として常識的になりました。集客方法として受け身になるのがデメリットで、SEO対策も施さないとなかなか集客できません。しかし、全く知らない顧客からの問い合わせを受ける機会を生み出せるのがメリットです。

ウェブ広告

ウェブ広告はインターネット集客の基本となる方法で、ディスプレイ広告やリスティング広告、動画広告やSNS広告などのさまざまなアプローチから選べるのがメリットです。ランディングページを作成すれば高い集客効果を得られる可能性を秘めています。しかし、ウェブ広告の大半は運用型広告なので運用のために労力がかかります。ランディングページや動画などの制作にもコストがかかるのがデメリットで、マーケティング会社に委託するとコストもかなり高くなるのが問題点です。

SNS運用

SNSによる情報の収集や発信が一般的になり、SNSの公式アカウントを作って宣伝するのも効果的な集客方法になっています。SNS運用はタイムリーな情報を発信できるのがメリットで、建設途中の建物の写真をアップロードして自社の実力をアピールすることが可能です。ただ、運用のために労力や時間をかけなければならず、頻繁に情報発信をしていないと目と向けてもらえないリスクが高いのがデメリットです。

自社に合う集客方法を選定しよう

この記事では建設業で使えるBtoB向けの集客方法として代表的なものをまとめました。実際にはまだ他にも有効な集客アプローチがあり、最適なものを選んで活用していくのが大切です。自社に合う集客方法を選び、受注につなげるには営業代行を利用するのも良い方法です。プロの視点で自社に合う方法を選定して実行してくれるので、集客方法の検討をするときには相談してみましょう。

こんな記事も読まれてます

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

建設・建築業界でのyoutube活用事例4選!

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

解体業が魅力的な仕事をもらうための課題解決のアプローチまとめ

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設の企業で行われてきた営業方法とこれからの営業の形

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ

建設業での集客を検討しよう!新規顧客獲得につながる方法のまとめ